未分類

暖かくなり、玄関にたたずんでいるブーツを片付けませんか。

今年は桜の開花が早く、あっという間に春爛漫の季節となりました。日差しの元では暑さも感じる日が多くなりましたね。
チラホラと桜が開花していたと思っていたら、一気に開花が進んでいる様で、高森でも見頃を迎えていますよ。千本桜は8分咲きだそうです。

こんな春の陽気に包まれていますので、玄関先にずっと佇んでいては、見ないふりをしていたブーツをようやく片付けました(^^)

今年の冬はとにかく寒く、ブーツが大活躍の年でしたね。
店頭でも、丈が長めのものや保温性の高いブーツを検討される方が多く来店された年でした。

そんな大活躍したブーツを次の冬まで大事に保管しておくこと、そして、仕舞う前の一手間でブーツが長持ちしてくれるんですよ。これは、しない手はありませんよね(*^_^*)

ブーツの仕舞い方としては、まずは靴用のブラシで汚れを落とします。ゴシゴシとしてしまうとブーツが傷んでしまうので、付着しているゴミを落とすイメージで、優しくしてあげて下さいね。

その際、紐が付いているものは始めに紐を全て外されてから、行う様にして下さい。紐をつけたままの収納は型崩れの原因にもなってしまいます。収納時には外した紐を一緒に仕舞って下さいね。

スエードなどの生地の場合には、専用のブラシがありますので、そちらをお使い下さい。革靴の場合ですと、馬毛などの靴用ブラシがありますよ。

靴底辺りについている汚れも綺麗に拭いて下さいね。

そして、ブーツの中は汗などによる湿気によって雑菌や細菌の温床となる場所です。除菌シートで吹き上げるか、靴用の除菌スプレーを振りかけて頂くと安心ですね。

次は、乾燥です。靴の保管にとって最大の敵と思われるものはやはり、湿気です。

直射日光が当たらない場所で、必ず陰干しして乾燥させて下さい。
直射日光が当たる場所ですと、靴を傷めてしまう原因となりますので、気をつけて下さいね。

これから、収納にうつります。
収納時にはブーツキーパーを入れておきたいのですが、今は色々な種類の物が百均などでも簡単に手に入りますよね。
木製の物ですと湿気を吸ってくれたり、除湿剤が入っているものなど最適なものをお選び下さい。

靴を箱に入れて仕舞う場合は、換気が出来るように箱に穴を開けたり、除湿剤を一緒に入れるなどカビ予防を行なって下さいね。

通気性の良い不識布にブーツを包み収納するのもおすすめです。その際、ブーツキーパーを入れておかないと型崩れしてしまうので気をつけて下さいね。
色の濃い靴の隣に置くと色移りをすることがあるので、片方ずつ不識布で包んで収納して下さい。

下駄箱では、スペースに余裕を持たせて収納して下さい。
沢山詰まった状態ですと、湿気がこもって、においやカビの原因にもなります。
定期的に下駄箱内の換気をして下さいね。

長くなりましたが、ブーツの長期収納時のケアをお伝えしました。

読んで頂きありがとうございます。

ABOUT ME
Asuka
Asuka
熊本県高森町にある靴屋Asukaです。 ここに嫁ぐ前は看護師として病院に勤務していました。 結婚を機に靴屋の2代目嫁として、靴のことなど勉強中です。 まだまだ知識としては不十分なことも多いので、知識を増やす目的も含め、ブログを立ち上げました。 主に商品紹介と共に、その他日常の事など記載していきたいと思います。 宜しくお願いします。