未分類

新生活スタート時には靴の中敷が大活躍しますよ。

今日は多くの学校で始業式があったようですね。

ここ高森の高森中では、剣道が強いとのことで、県外出身のお子さんが高森に下宿され、通学される方も何人もお見えになります。

通学靴のご購入時にお話する事も出来たのですが、親御さんのお気持ちを考えると心配が尽きないですよね。

我が家は、長女が明日小学校入学を迎えます。
楽しみもありつつ、初めてのことだらけで、不安が募っている状態です。楽しんで行ってくれることを願うのみです。

そんな、新生活スタートの中で、靴の新調や学校の指定靴などの購入が増える頃ですね。

中学校の体育館シューズなどになると、使う頻度が少ないのにも関わらず、男の子の場合ですと、履かない間に足が大きく成長する時期でもあります。

その為、大きめでの購入が良いと思われるのですが、大きすぎると運動し辛く、さらに足の成長の為にも良くありません。

そういう時は、靴の中敷を一枚プラスするだけで、クッション性も高まり、さらに、靴内のサイズが小さくなる為、大きめに購入した靴でもフィット感が高まります。

足の成長と共に、中敷をはずしてもらえば、靴内のサイズは大きくなりますので、長く使えることにもなります。あまり使用しない体育館シューズなどにオススメの方法です。

但し、中敷を入れると若干靴内が浅くなりますので、一旦手持ちの中敷で試してみられると良いと思います。靴によっては、中敷が外せるものがありますので、そちらで試してみると良いと思いますよ。

以上、靴の中敷の活用方法でした。靴が大きめだった時に重宝しますよ。

読んで頂きありがとうございます(*^_^*)

ABOUT ME
Asuka
Asuka
熊本県高森町にある靴屋Asukaです。 ここに嫁ぐ前は看護師として病院に勤務していました。 結婚を機に靴屋の2代目嫁として、靴のことなど勉強中です。 まだまだ知識としては不十分なことも多いので、知識を増やす目的も含め、ブログを立ち上げました。 主に商品紹介と共に、その他日常の事など記載していきたいと思います。 宜しくお願いします。